LINE@ TEL

胸郭出口症候群 | さこだ整骨院|足立区西新井大師駅3分|腰痛・交通事故治療

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 首の症状 - さこだ整骨院|足立区西新井大師駅の記事一覧

胸郭出口症候群

2022.09.29 | Category: 肩の症状,腕、手の症状,首の症状

胸郭出口症候群

 

「胸郭」とは簡単に説明する肋骨です。

 

肋骨の1番上、鎖骨の近くには

腕の神経の束(腕神経叢)が通ります。

 

その通り道が「出口」です。

 

「胸郭」の「出口」で

腕の神経や血管を

圧迫、牽引されてしまい。

腕が重い、だるい

指が痺れる。痛い

特に腕をぶらんと下げてると

痺れ、痛み、だるさが強くなる。

っていうのが

 

「胸郭出口症候群」

 

病院のレントゲン撮っても

「首に異常ないですね」

「ストレートネックのせいかな」

でも腕が、辛いんです💦

 

「胸郭出口症候群」

の特徴です。

 

神経に問題が約80%

 

静脈に問題が約15%

 

動脈に問題が約5%

 

動脈はとても大事

動脈は身体の奥側を通るので

圧迫されづらいです。

 

圧迫されやすいポイントは、

 

①斜角筋隙 前斜角筋と中斜角筋の間で圧迫

②肋鎖間隙 第1肋骨と鎖骨の間で圧迫

③小胸筋部 小胸筋の緊張が原因

と言われています。

 

①斜角筋が問題の場合は、

背中に症状が出やすいです。

 

②肋鎖間隙

自分的にはここで圧迫かかるかな?

って感じですね。

 

③小胸筋

3つの中で、これが1番多く感じます。

親指の近くに症状が出やすいです。

 

 

ねこ背、なで肩、いかり肩、まき肩

ストレートネックなど

正しくない身体の状態で

腕を酷使して偏った筋緊張が

原因になりやすいです。

 

子育てママも抱っこで

なりやすいです。

 

ペットの抱っこでも

なりやすいです。

 

自覚症状が強く出るのに

検査などで裏付ける所見が

わかりづらい

なのに、とても辛く

不安が大きくなるのも

「胸郭出口症候群」

の特徴です。

 

正しい判断で

正しい施術で

ケアできれば比較的

早く改善できる症状です。

もし腕が辛かったら

さこだ整骨院で施術させてください🐼

 

ストレートネックの原因

2022.09.18 | Category: 首の症状

ストレートネックの原因

 

頭痛、肩こり、首がしんどくて

病院で首のレントゲンを撮ってみたら

ドクターに「ストレートネックが原因ですね」

骨格が生まれつきなの?しょうがないの?💦

 

首の体操、ストレッチしたら改善するの?💦

 

何をしたらいいの?💦

 

そもそもなんでそうなったの?💦

 

首は真っ直ぐじゃダメなの?💦

 

という疑問、悩みの方が多くいます。

 

骨格が生まれつきで子供の時から、

ストレートネックの可能性は基本的には、ないです。

結論から言うと「悪い姿勢のせいです。」

 

悪い姿勢にも2パターンあります。

 

1つ目は、

猫背が強すぎたり、

パソコンの画面を見る際に、

顔を前に突き出ている状態で長時間いるせいで

首の骨が前に向かってストレートネックです。

これが圧倒的に多いです。

 

2つ目は、立っている姿勢が後ろ重心になりすぎていて

骨盤が後ろに傾き、背骨が腰から首まで真っ直ぐになってしまい

スウェイバック姿勢でストレートネックです。

人間の身体は後ろから見ると

背骨が、

首は、反る 凹

背は、丸く 凸

腰が、反る 凹

順番に凸凹して、横から見るとS字にカーブができる事で

前後に重力で加わる力を分散します。

は、だるま落としのような関係なので、

腰が反ってくれないと

背中は、丸くなれません

背中が、丸くならないと

首がキレイに反れないので「ストレートネック」になります。

腰が反る事が大事です。

 

そこで「えっ⁉︎反り腰ってダメってよく聞くけど💦

勘違いされる方がいますが、

正しい姿勢は軽度反り腰です。

キレイに腰が反るには、骨盤を立てる事です。

 

正座の形は骨盤が立ちます。

あぐらは、骨盤が寝てます。

 

深く座って背もたれと腰が付くように座ると

骨盤が立ちます。

浅く座ってダラーっと座ると

骨盤は寝てます。

 

お尻が沈むようなソファーも

骨盤が寝てます。

 

足を組んで座るのも

骨盤が寝てます。

 

改善するのに必要な事は、

・骨盤を寝かせて長時間座らない事

座り方を気をつける。最初のうちは、

バスタオルを丸めてお尻の後ろ半分に噛ませると

自然と骨盤が立つおかげで勝手にいい姿勢になります。

・顔を前に突き出している姿勢を作らない事

デスクの画面を上げるか

机の高さを上げるか

椅子を下げて目線を上げるか

してもらえると、顔が前に出てくる事を減らせます。

その後に、首のストレッチ、運動です。

 

他にも

 

腕の原因からくる巻き肩、なで肩のせいで

首を前方に引っ張っている。

 

肩甲骨の位置が悪い。

 

広背筋の緊張のせいで猫背が強くなっている。

 

大内転筋、腹筋が、骨盤を後傾方向に引っ張っている。

 

などありますが、

 

「ストレートネック」は、

正しい知識で

正しい姿勢、運動ができれば

ストレートネックは、ほとんどが改善されます。