LINE@ TEL

腱鞘炎 ドケルバン病 | さこだ整骨院|足立区西新井大師駅3分|腰痛・交通事故治療

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧

カテゴリ一覧

腱鞘炎 ドケルバン病

2023.01.25 | Category: 腕、手の症状

親指を広げると手首の親指側に2本の腱が浮かび上がります。

ドケルバン病はその親指側の短母指伸筋腱と長母指外転筋が

手首の背側で生じる腱鞘炎です。

 

腱鞘とは腱を通すトンネルで腱の浮き上がりを抑える役割を持ち

腱鞘と腱の間に炎症が起きた状態を腱鞘炎と呼びます。

症状として、患部に疼痛や腫脹が出現し

手指の動かしづらさが認められます。

 

腱鞘炎の原因は手を過剰に使用することにあるため

キーボードを打つプログラマーやピアニスト

漫画家などの職業に多くみられます。

また、出産、育児中の女性ホルモンが不安定な時期に好発し

ほとんどの腱鞘炎は最初は腕のだるさといった自覚症状から始まります。

その危険信号を無視して作業を続けることにより

痛みが発生して難治性の腱鞘炎に移行していきます。

 

正しい身体の使い方や

原因になっている筋肉を的確にアプローチすることで

長く続く腱鞘炎も痛みが改善することもよくあります!

 

腱鞘炎でお困りの方お待ちしております。

ぎっくり腰

2023.01.23 | Category: 腰の症状

ぎっくり腰

仙腸関節から起こるぎっくり腰

 

くしゃみをした時や床の物をとろうとして手を伸ばした時などに

ギクっと痛みで身体を伸ばせなくなった状態をギックリ腰といいます。

 

筋肉の原因が多いですが

骨盤の仙腸関節での炎症が原因の場合もあります。

 

仙腸関節は

仙骨の耳状面と腸骨の耳状面が関節になる。

平面関節になります。

しかし、関節面は凸凹で不規則な形状をしており

それらが、はまり込んでいるために可動性はほとんどありません。

仙骨が腸骨に対して前屈する可動域は約1.3

後屈する可動域は約1.7度ほどといわれています。

距離にすると1〜2㎜と非常にわずかではありますが

仙腸関節が動くことで日常生活、歩行などで微調整し

滑らかな運動を実現しています。

 

仙腸関節は安定性関節なので少し動く程度でよいのですが

無理な運動、身体を上手く使えない状態で繰り返し運動、仕事の作業で

仙腸関節に加わる負荷が大きくなると

仙腸関節に炎症を引き起こしぎっくり腰になる可能性があります。

高齢者では仙腸関節が変形して骨癒合してしまっている場合も多いため

高齢になるほど、ぎっくり腰が起きにくくなるともいえます。

反対に産後などの女性は骨盤周囲の靱帯が緩んでいるため

仙腸関節の炎症を起こしやすくなっています。

 

痛みの出ない生活の為に

正しい身体の使い方が大切です。

足が腫れる💦

2022.12.27 | Category: 治療について

何もしてないのに足が腫れた💦

 

この時期になると何件かある。

結論から言うと「痛風」です。

 

基本的には足の親指の付け根が多いですが

足首もよく見かけます。

経験上

膝もありますし、肘もありました。

 

気をつけなくてはいけないのが

関節内にばい菌が入ることで腫れることもあります。

傷口がなくても関節が急激に炎症が出ることがあり

その場合は、病院で抗生剤を処方されるのが1番です。

 

「捻挫してないのに捻挫したみたいになってます💦

そうやってこられる方が多いです。

この時期多くなる理由に

秋から痛風にないやすい食材が美味しかったり

忘年会であったり

自宅でもお鍋が多くなるとプリン体を多く摂取してしまい

痛風の原因になりやすいです。

ビール、さんま、いくら、イカ

ラーメン、揚げ物などは知られていますが

あまり知られていないのはお鍋の〆の雑炊

食材の旨味とプリン体が凝縮してますので

とても痛風になりやすいです。

 

プリン体高めの方は

年末年始気をつけましょう!🐼

前十字靭帯断裂

2022.12.14 | Category: 足の症状

前十字靭帯断裂

 

スポーツ選手の大怪我でよく聞く

前十字靭帯は

大腿骨の外側顆内側から

脛骨の顆間隆起前方に付着している関節包の中の靱帯です。

 

長さは約3㎝で、幅は1㎝ぐらいです。

 

働きとしては

①脛骨の前方滑り出し防止

②膝関節過伸展を抑制

③脛骨の内旋を抑制

④側副靭帯と一緒に内反外反を抑制します。

 

この靭帯は膝関節の角度に関わらず

常に一定の緊張を保ち

大腿骨に対する脛骨の前方移動を抑制しています。

その抑制している限界を越える強い力が加わると

前十字靭帯が断裂します💦

 

後方からのタックルなどで倒れた際に

下腿が前方に残ったまま転倒。

下腿が内側に捻れたまま転倒。

下腿が残ったまま横に転倒。

こういう

状況でなりやすいです。

 

切れる時は「パチーン」と音がなり

体感でなんか切れたと感じるようです。

 

スポーツの強度にもよりますが

身体の構造としては女性の方が2倍以上なりやすいです。

 

座っているときに女の子座り

両足を膝屈曲で下腿外旋の形は

前十字靭帯にストレッチをかけてしまい

前十字靭帯断裂の要因になりやすい💦

 

膝を伸展で外旋時は、前十字靭帯と後十字靭帯が合わさり

とても強いですが

膝を屈曲で内旋時は、前十字靭帯が伸ばされやすく

痛めやすいです。

 

断裂した状態ですと日常生活では平気ですが

競技をする場合、膝が抜けそうになる「膝崩れ」

が起きてしまいます。

 

競技に復帰するためには

手術が必要になることが多いです。

 

前十字靭帯に負担をかけないように

予防する為に正しい身体の使い方が大切です。

ゴルフのスイング 怪我の原因

2022.12.06 | Category: 身体の使い方

ゴルフのスイング

 

ゴルフされている方で

バックスイングが上手くいかないんだよねー

って方多いんですが

 

右打ちの場合

改善するには右に骨盤をよせてから

バックスイングすると可動域広がります!

 

骨盤が左によるとフォローの可動域が広がります!

 

左に壁を作って!

っていう指導が根付いているので

最初から最後まで

左に骨盤をよせる方多いです。

 

そうすると

どうしてもハーフスイングになります。

 

そこで繰り返し無理やり身体を捻ると

身体がブッ壊れます💦

 

フォローの時の左股関節の内旋可動域も大事です。

 

野球の打ち方みたいに感じますが

右から左に骨盤を

上手くスウェーする事が大事です🐼

 

女子プロの選手達の間で

キッボクシングのキック練習が流行った理由も

骨盤のスウェーとキック動作が似ているからです。

 

自分はゴルフ一回もやった事ないです🐼💦

ゴルフのテクニックは

わかりません💦

 

正しい解剖学

正しい運動学をもとに

正しい身体の使い方ができれば

運動能力も上がります。

 

特にゴルフはわかりやすいです。

 

無理に身体を捻ると

腰部分離症

腰部すべり症

腰部ヘルニア

などの原因になりやすい💦

 

正しい整体 さこだ整骨院

坐骨神経痛

2022.11.25 | Category: 神経痛,腰の症状,足の症状

坐骨神経痛

 

坐骨神経は背骨の腰椎4番目から下の神経(L4-S3)から

出てくる神経の束が坐骨神経です。

神経の直径と長さは身体の中で1番の末梢神経です。

太さは小指ぐらいです。

 

坐骨神経が圧迫されたり、引っ張られる力が加わると

そこから下の神経に障害が出現する。

大腿の後ろからふくらはぎ、足の指にかけての

痺れ、感覚異常、筋力低下が起きます。

 

坐骨神経は

骨盤(仙骨)お尻の筋肉(梨状筋)の前

大腿二頭筋と並走して下行していき

膝の裏で脛骨神経と総腓骨神経に枝分かれします。

 

坐骨神経痛の原因は

腰部ヘルニア

腰部狭窄省

すべり症

これらの症状で背骨の神経に負担が加わる事で起きます。

 

腰部ヘルニアからの坐骨神経痛です。

腰部狭窄症からの坐骨神経痛です。

すべり症からの坐骨神経痛です。

と言われがちですが

 

筋肉、筋膜などが原因で坐骨神経痛が起きる方が

多いように感じます。

 

もちろん、レントゲンで症状が見れるので

問題は起きているのですが

 

それが直接の原因でない場合

手術をしなくても改善できます。

 

腰部ヘルニアを引っ込めたり

狭窄している靱帯をガリガリ削ったり

滑ってしまう分離した腰椎を元に戻したり

もちろんできませんが

 

正しい姿勢

正しい運動

正しい骨盤の位置

正しい背骨の可動性

正しい筋肉のバランス

原因となっている筋肉、筋膜が

正しく使えると

辛い坐骨神経痛が消えます。

 

自分が坐骨神経痛を改善するのに

意識する筋肉は

パッと簡単に書き出しても

梨状筋

大殿筋下部

大腿二頭筋

ひらめ筋

母趾外転筋

大腿筋膜張筋

中殿筋

腸脛靱帯

大腿四頭筋

大腰筋

 

(さらに…)

肋間神経痛

2022.11.17 | Category: 神経痛

肋間神経痛

 

「何もしてないのに背中が痛い」

「身体捻ったりすると肋骨が痛い」

 

季節の変わり目、特に寒くなってくる冬の初めになりやすい

「肋間神経痛」

 

背骨から横に向かって肋骨と肋骨の間を肋間神経が通ります。

 

寒暖、気圧など環境の変化ストレス

肋骨自体を不全骨折(ひび)、骨折によってストレス

症状の重い帯状疱疹の後遺症

などで、神経が過敏になり発症したり

 

背骨の弯曲やバランスが崩れが原因で

肋間神経の通り道で圧迫される事も多いです。

 

肋骨のひびと肋間神経痛を見極める必要があります。

 

明らかに肋骨に衝撃が入った後、痛い場合 ひびの可能性高い

 

なんで痛くなったかわからないのに痛い場合 肋間神経痛の可能性高い

 

呼吸するだけでも痛い場合 ひびの可能性高い

 

肋骨と肋骨の溝を横に痛みが走る場合 肋間神経痛の可能性高い

 

痛い時と痛くない時がある場合 肋間神経痛の可能性高い

 

肋骨全体を優しく圧迫しても痛い ひびの可能性高い

 

痛い場所が触ってもよくわからない 肋間神経痛の可能性高い

 

お風呂に入ると楽になる 肋間神経痛の可能性高い

 

自分では何もしてないと思っていても

布団を持ち上げたり、ゴルフのスイングで

肋骨にヒビが入る事もけっこうあります。

 

肋骨骨折、ひびの場合は、安静が1番です。

肋間神経痛の場合は、温めたり、軽く動かす事が大切です。

 

もう一つ気をつけなくてはいけないのが

帯状疱疹の可能性です。

 

もし皮膚にピリピリ痛い感じ

湿疹がわき腹、背中に出てきたら

すぐに病院に受診です。

 

なんかおかしいなと思ったら

正しく判断できる先生にかかる事が必要です🐼

扁平足の原因

2022.11.16 | Category: 足の症状

土踏まずが無くなる扁平足の原因

 

なんで扁平足になるかというと

ズバリ距骨が内側に過剰に回内しながら

落っこちてしまうからです。

距骨が過剰に回内する。

    

舟状骨が内側に落っこちながら捻れる。

(ここで縦アーチは潰れる)

     

親指の骨が外側に捻れながら広がる。

(ここで横アーチが潰れる)

 

立方骨にも加重しながら

後脛骨筋をしっかりと力がはいる事が

大切です。

 

少しややこしい事

書きましたが

 

簡単に書くと

歩く時、立っている時に親指を使える事が大切🐼

 

扁平足になってしまうと

外反母趾

足底筋膜炎

足底腱膜炎

シンスプリント

に、なりやすいです。

 

膝、腰や身体全体にも悪い影響が出やすいです。

 

正しい姿勢

正しい運動

正しいエクササイズが必要です。

メニエール 耳鳴り 頭痛

2022.11.10 | Category: 首の症状

メニエール 耳鳴り 頭痛

 

整体師、整骨院の先生なので

治せますとは言えませんが

身体を正しい場所に整えると改善する事が多いです。

 

身体を整えて最後に

頚椎の1番を整えると

 

「ふぁーっと目の前が明るくなる」

 

「スッキリする」

 

「視界が広がる」

 

と言ってもらえる事が最近増えました🐼

 

ボキッと鳴らしたりすることはしません。

最新のKYTセミナーで

ケン先生に伝授してもらったテクニックです

優しーく整えます。

季節の変わり目の春、秋に出やすい

メニエール

耳鳴り

目の疲れ

首の倦怠感

頭痛

のツラさが軽減する事が多いです。

 

過去に全部改善できなかった患者さんで

「鳴らない耳鳴りがするんです」

🐼❗️

「チックがあるんです」

🐼💦

頚椎1番を優しく調整するテクニックがあったら

もっと改善できたんじゃないかと今なら思います。

 

あくまで身体を正しい場所に整える

そうすると身体の症状が軽減する事が多いです。

人間の身体は神秘的ですね🐼

足底腱膜炎 足底筋膜炎

2022.11.09 | Category: 足の症状

足底筋膜炎 足底腱膜炎

足底の屈筋群を覆う表面中央部の腱膜様組織が

「足底腱膜」です。

カカトから足の指の根元の骨と底側靭帯に付着します。

立位時に荷重の1/2は踵部へ伝達されるため

カカト付着部の足底腱膜は前足部よりも強靭な構造をしています。

 

カカトを床から離れる時には

同じように見えて2パターンあります。

 

①ふくらはぎの筋肉でカカトを引き上げるタイプ

 ふくらはぎが筋肥大しやすい人です。

 

②前足部に体重をかけ足指を伸展して足底腱膜の張力で

 巻き上げるようにカカトを上げるタイプ

 

①は、肉離れ、アキレス腱炎などになりやすい

②は、足底腱膜炎になりやすい

どちらかだけでなく

比率が違いますが

皆さんどちらの使い方も使います。

両方使うジャンプ、ダッシュ、階段ダッシュ

で特になりやすいです。

走行や跳躍などで足底腱膜に強い

伸張ストレスが加わり続けると

腱膜の一部が微細損傷して炎症が起こります。

 

その状態を足底腱膜炎といい

歩行などで損傷部に牽引ストレス(引き離される)が加わることで

痛みが生じます。

 

足底腱膜炎はカカト側に痛みがあり

初期段階では起床時に痛みが強く現れ

症状が増悪すると日中でも痛みが起こります。

起床時に痛みがある理由は

寝ているときに断裂部が少し癒合しますが

朝起きて立ち上がる際に再断裂するからと考えられています。

 

足底腱膜炎の発症因子としては

①ハイアーチ(甲高)

②悪い歩き方

③ふくらはぎの硬さ

④足首の硬さ

があります。

 

 

足底腱膜の深層には短趾屈筋

内側には母趾外転筋

外側には小趾外転筋があり

これらの筋肉は筋膜によって囲まれています。

それを足底筋膜と呼んでおり

足底腱膜炎と同様にストレスが加わり続けることで疼痛が発生し

その状態を「足底筋膜炎」と呼びます。

 

足底筋膜炎は土踏まずの中央部に痛みがあり

長時間の立ち仕事や歩行でなりやすいです。

 

足底筋膜炎の発症因子としては

①扁平足(足部アーチの低下)

②足部回内

③悪い歩き方

 

 

足底の痛みの原因は足底腱膜炎や足底筋膜炎の他にも

脛骨神経の問題や踵骨下脂肪体の炎症などがあります。

 

すべての症状が

正しい姿勢

正しい身体の使い方

正しい歩き方

正しい運動

で改善されます。

 

しっかりとした整体をする事が大切です🐼