LINE@ TEL

坐骨神経痛 | さこだ整骨院|足立区西新井大師駅3分|腰痛・交通事故治療

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 神経痛 - さこだ整骨院|足立区西新井大師駅の記事一覧

坐骨神経痛

2022.11.25 | Category: 神経痛,腰の症状,足の症状

坐骨神経痛

 

坐骨神経は背骨の腰椎4番目から下の神経(L4-S3)から

出てくる神経の束が坐骨神経です。

神経の直径と長さは身体の中で1番の末梢神経です。

太さは小指ぐらいです。

 

坐骨神経が圧迫されたり、引っ張られる力が加わると

そこから下の神経に障害が出現する。

大腿の後ろからふくらはぎ、足の指にかけての

痺れ、感覚異常、筋力低下が起きます。

 

坐骨神経は

骨盤(仙骨)お尻の筋肉(梨状筋)の前

大腿二頭筋と並走して下行していき

膝の裏で脛骨神経と総腓骨神経に枝分かれします。

 

坐骨神経痛の原因は

腰部ヘルニア

腰部狭窄省

すべり症

これらの症状で背骨の神経に負担が加わる事で起きます。

 

腰部ヘルニアからの坐骨神経痛です。

腰部狭窄症からの坐骨神経痛です。

すべり症からの坐骨神経痛です。

と言われがちですが

 

筋肉、筋膜などが原因で坐骨神経痛が起きる方が

多いように感じます。

 

もちろん、レントゲンで症状が見れるので

問題は起きているのですが

 

それが直接の原因でない場合

手術をしなくても改善できます。

 

腰部ヘルニアを引っ込めたり

狭窄している靱帯をガリガリ削ったり

滑ってしまう分離した腰椎を元に戻したり

もちろんできませんが

 

正しい姿勢

正しい運動

正しい骨盤の位置

正しい背骨の可動性

正しい筋肉のバランス

原因となっている筋肉、筋膜が

正しく使えると

辛い坐骨神経痛が消えます。

 

自分が坐骨神経痛を改善するのに

意識する筋肉は

パッと簡単に書き出しても

梨状筋

大殿筋下部

大腿二頭筋

ひらめ筋

母趾外転筋

大腿筋膜張筋

中殿筋

腸脛靱帯

大腿四頭筋

大腰筋

 

(さらに…)

肋間神経痛

2022.11.17 | Category: 神経痛

肋間神経痛

 

「何もしてないのに背中が痛い」

「身体捻ったりすると肋骨が痛い」

 

季節の変わり目、特に寒くなってくる冬の初めになりやすい

「肋間神経痛」

 

背骨から横に向かって肋骨と肋骨の間を肋間神経が通ります。

 

寒暖、気圧など環境の変化ストレス

肋骨自体を不全骨折(ひび)、骨折によってストレス

症状の重い帯状疱疹の後遺症

などで、神経が過敏になり発症したり

 

背骨の弯曲やバランスが崩れが原因で

肋間神経の通り道で圧迫される事も多いです。

 

肋骨のひびと肋間神経痛を見極める必要があります。

 

明らかに肋骨に衝撃が入った後、痛い場合 ひびの可能性高い

 

なんで痛くなったかわからないのに痛い場合 肋間神経痛の可能性高い

 

呼吸するだけでも痛い場合 ひびの可能性高い

 

肋骨と肋骨の溝を横に痛みが走る場合 肋間神経痛の可能性高い

 

痛い時と痛くない時がある場合 肋間神経痛の可能性高い

 

肋骨全体を優しく圧迫しても痛い ひびの可能性高い

 

痛い場所が触ってもよくわからない 肋間神経痛の可能性高い

 

お風呂に入ると楽になる 肋間神経痛の可能性高い

 

自分では何もしてないと思っていても

布団を持ち上げたり、ゴルフのスイングで

肋骨にヒビが入る事もけっこうあります。

 

肋骨骨折、ひびの場合は、安静が1番です。

肋間神経痛の場合は、温めたり、軽く動かす事が大切です。

 

もう一つ気をつけなくてはいけないのが

帯状疱疹の可能性です。

 

もし皮膚にピリピリ痛い感じ

湿疹がわき腹、背中に出てきたら

すぐに病院に受診です。

 

なんかおかしいなと思ったら

正しく判断できる先生にかかる事が必要です🐼