LINE@ TEL

胸郭出口症候群 | さこだ整骨院|足立区西新井大師駅3分|腰痛・交通事故治療

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 腕、手の症状 - さこだ整骨院|足立区西新井大師駅の記事一覧

胸郭出口症候群

2022.09.29 | Category: 肩の症状,腕、手の症状,首の症状

胸郭出口症候群

 

「胸郭」とは簡単に説明する肋骨です。

 

肋骨の1番上、鎖骨の近くには

腕の神経の束(腕神経叢)が通ります。

 

その通り道が「出口」です。

 

「胸郭」の「出口」で

腕の神経や血管を

圧迫、牽引されてしまい。

腕が重い、だるい

指が痺れる。痛い

特に腕をぶらんと下げてると

痺れ、痛み、だるさが強くなる。

っていうのが

 

「胸郭出口症候群」

 

病院のレントゲン撮っても

「首に異常ないですね」

「ストレートネックのせいかな」

でも腕が、辛いんです💦

 

「胸郭出口症候群」

の特徴です。

 

神経に問題が約80%

 

静脈に問題が約15%

 

動脈に問題が約5%

 

動脈はとても大事

動脈は身体の奥側を通るので

圧迫されづらいです。

 

圧迫されやすいポイントは、

 

①斜角筋隙 前斜角筋と中斜角筋の間で圧迫

②肋鎖間隙 第1肋骨と鎖骨の間で圧迫

③小胸筋部 小胸筋の緊張が原因

と言われています。

 

①斜角筋が問題の場合は、

背中に症状が出やすいです。

 

②肋鎖間隙

自分的にはここで圧迫かかるかな?

って感じですね。

 

③小胸筋

3つの中で、これが1番多く感じます。

親指の近くに症状が出やすいです。

 

 

ねこ背、なで肩、いかり肩、まき肩

ストレートネックなど

正しくない身体の状態で

腕を酷使して偏った筋緊張が

原因になりやすいです。

 

子育てママも抱っこで

なりやすいです。

 

ペットの抱っこでも

なりやすいです。

 

自覚症状が強く出るのに

検査などで裏付ける所見が

わかりづらい

なのに、とても辛く

不安が大きくなるのも

「胸郭出口症候群」

の特徴です。

 

正しい判断で

正しい施術で

ケアできれば比較的

早く改善できる症状です。

もし腕が辛かったら

さこだ整骨院で施術させてください🐼

 

腱鞘炎 ドケルバン病

2022.09.27 | Category: 腕、手の症状

腱鞘炎 ドケルバン病

手首や指が痛いと

それだけで

「腱鞘炎ですね」

「安静にしてください」

「サポーターで固定して」

ってなりがちです。

 

腱鞘炎は

腱と腱鞘が擦れて炎症が出ている状態です。

腱がパスタ

腱鞘がマカロニ

マカロニの中をパスタが

通過します

 

そこで

パスタが腫れて引っかかるとばね指。

 

マカロニが痛めると腱鞘炎です。

 

特に親指の腱鞘は負担がかかりやすい

親指の短母指伸筋、長母指外転筋

の腱鞘を痛めることを

「ド・ケルバン病」

 

腱鞘炎の最初は

なんか疲れるな、だるいながスタートです。

 

次に、決まった角度でたまにズキっとするなって感じ初級です。

 

そこから、なんか押したら痛いところあるなって感じ中級です。

 

動かすだけで痛いな、困ったな💦

もう上級です。

 

最上級は、動かさなくても痛い。

とんでもなく痛い。

 

腱のストレッチ

テーピング固定

サポーター固定

痛み止めの注射

ステロイドの注射

それでもダメなら手術

ってなるのが一般的ですが、

 

そもそもホントに腱鞘の炎症なの?

 

他の原因があったりしないの?

 

首から胸、腕を通る神経が

圧迫、牽引のストレスがかかる事で

出ている神経痛である場合。

 

一回で改善する。

そんな事がけっこうあります。

 

嘘でしょ💦

 

こんな痛いのにそんなわけない💦

 

痛み止め注射する前に

ステロイド注射する前に

特に手術する前に一度来てほしいです。

 

信じられないって方は、

まったく改善できなければ

料金いらないですから

ホントに困っていたら

さこだ整骨院に一度来てほしいです。

ゴルフ肘 上腕骨内側上顆炎

2022.09.22 | Category: 腕、手の症状

上腕骨内側上顆炎 ゴルフ肘

ゴルフ肘が、内側の肘の痛み

テニス肘が、外側の肘の傷み

上腕骨内側上顆に付いている筋肉をたくさん使うことで、

炎症が出現し痛みになります。

ゴルフで負担がかかると発症するので

「ゴルフ肘」と呼ばれます。

基本的に、繰り返しの負担でなりますが

特にダフったのがきっかけで一撃でなる場合もあります。

 

テニスでも、ゴルフ肘になることあります。

バックハンドで痛める「テニス肘」

フォアハンドで痛める「ゴルフ肘」

 

ちょっとややこしいですね💦

 

もっとややこしいのが

 

野球肘もあります。

子供が変化球を多用すると

握る筋肉が内側上顆に負担がかかる。

「内側型の野球肘」

「内側型の野球肘」と「ゴルフ肘」

ほぼほぼ同じです。

あえて言うなら

野球肘は物理的な牽引が原因

ゴルフ肘は、筋肉の収縮による原因

野球肘の方が内側の靭帯まで

炎症が出やすいように感じます。

主婦の家事や仕事の作業で

手を握る動きをよく使う環境でもなりやすいです。

 

「外側型の野球肘」と「テニス肘」

も一緒です。

手首を伸ばす筋肉は、外側上顆に負担がかかります。

指、手首を曲げる筋肉は、内側上顆に負担がかかります。

上腕骨内側上顆に付く筋肉が5

[内側上顆に付着する筋]

語呂合わせ覚え方

「内科の借金、丁度千円」

・内科 内側上顆

①借金 尺側手根屈筋 (小指側で握ると使う)

②丁 長掌筋

③度 橈側手根屈筋  (親指側で握ると使う)

④千 浅指屈筋    (親指以外の4本の第2関節を曲げる)

⑤円 円回内筋    (腕を内側に捻ると使う)

上腕骨外側上顆に付く筋肉が7

[外側上顆に付着する筋]

語呂合わせ覚え方

「外資の中小会社は一長一短」

・外 外側上顆

①資 (総)指伸筋

②中 肘筋

③小 小指伸筋

④会 回外筋

⑤社 尺側手根伸筋

⑥長 長橈側手根伸筋

⑦短 短橈側手根伸筋 (1番原因になりやすい)

 

「上腕骨内側上顆の炎症」

ゴルフ肘

内側型の野球肘

フォアハンドのテニス肘

 

「上腕骨外側上顆の炎症」

テニス肘

外側型の野球肘(橈骨頭を痛めてる場合は違う)

になります。

 

どの筋肉が痛みの原因なのか

どういうケアをするべきか

正しく判断する事がとても大事です。

テニス肘 上腕骨外側上顆炎

2022.09.16 | Category: 腕、手の症状

テニス肘

正式名称は「上腕骨外側上顆炎」

 

テニスのバックハンドの動きで

負担がかかり痛めやすいので

テニス肘と名前がついてますが、

日常生活で取っ手、グリップのついているカバン、ヤカンを

手のひら方向に曲がった状態で

持ち上げる動作の繰り返しや

重い物を持ち上げる作業で

痛めることが多いです。

 

上腕骨の外側上顆に停止する、短橈側手根伸筋の繰り返す収縮が

原因となっている事が多いです。

 

一般的には、短橈側手根伸筋をストレッチ、マッサージで緩めましょう。

っていうのが基本ですが、

 

なかなか改善しないテニス肘だと思われている肘の痛みが

違う原因ということがけっこうあります。

1つ目は上腕二頭筋の停止部の炎症

二の腕の力こぶの筋肉が

骨に付着するところの炎症です。

前腕が内側に捻った状態で

肘を曲げ伸ばしする動作を繰り返しでなりやすいです。

筋トレで例えると前腕回内でダンベルのアームカールで

なりやすいです。

 

2つ目は橈骨神経の圧迫からくる痛み

身体が上手く使えていない状態で

筋肉、筋膜(筋間中隔、浅筋膜)によって

橈骨神経に圧迫や引っ張る力が加わり

肘の後、外側に痛みが出現

この原因で痛みが長く続いている事は

自分の感覚で1番多いです。

 

テニス肘の約10%が

テニスのバックハンドが原因らしいです。

 

グリップを握ったときに

小指側だけ力を入れて、

親指側を力を抜いて使えると

いいですが、

親指をふくめて全部の指に

力を入れていると

短橈側手根伸筋に負担がかかりやすいです。

 

短橈側手根伸筋が原因の場合は

肘の固定よりも、手首の曲げ伸ばしに対して

リストバンド、テーピング、サポーターで

固定できると軽減することが多く感じます。

ばね指

2022.09.08 | Category: 腕、手の症状

ばね指

 

 

指を曲げた状態から伸ばそうとすると引っかかり感があり、

さらに伸ばすときにビヨーンとなる現象をばね指といいます。

ばね指の原因としては、指曲げる腱に腫れが生じており、

その太くなった部分が狭い空間である腱鞘(ストロー)を

通過できずに引っかかります。

 

これが、一般的な説明ですが、

実際は全身のバランス、運動連鎖などが影響しており、全身のバランスを整えるだけで、

だいたい3分の1の人が魔法のように一回で改善します。

ばね指は中高年の女性に多く、

女性ホルモンのバランスにも関係しやすいです。

とくに母指や中指、薬指に起こりやすいのが特徴です。

 

日常生活の使い方では、

腕を内側に捻る使い方がほぼほぼです。

洗顔だけは外に捻ります。

 

あお向けに寝た時、

手のひらが上を向いているのが、腕の筋肉が緩むニュートラルの状態です。

違和感がある人は、内側に引っ張っている筋肉があります。ばね指予備軍です。

肘から下が内側に捻った状態でいると長掌筋という筋肉が腱鞘(ストロー)とくっついているので、腱鞘(ストロー)をずっと引っ張ってしまい曲がった歪んだストローの中を腱が擦れてしまい腫れます。

 

その腫れた腱を必死にストレッチする事より

腱鞘を正しい場所にする事が第一に改善するべき‼︎その後にストレッチや上手く滑走するように運動‼︎

身体を正しい捻れない状態に持っていくのが、施術の技術です‼︎