LINE@ TEL

アキレス腱炎 | さこだ整骨院|足立区西新井大師駅3分|腰痛・交通事故治療

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 足の症状 - さこだ整骨院|足立区西新井大師駅の記事一覧

アキレス腱炎

2022.09.28 | Category: 足の症状

アキレス腱炎

 

アキレス腱は

ふくらはぎの筋肉の腱

下腿三頭筋の腱です。

 

腓腹筋内側

腓腹筋外側

ヒラメ筋

この3つが束になった腱です。

 

アキレス腱に負担がかかり

炎症している状態が、

「アキレス腱炎」です。

 

階段の昇り降り

 

カカトを浮かせて

背伸び状態で作業

ヤンキー座りで作業

 

で発生しやすいです。

 

細かく分類すると

 

アキレス腱の炎症

アキレス腱滑液包の炎症

アキレス腱周囲(結合組織)の炎症

アキレス腱の脂肪体の炎症

 

どれも

 

アキレス腱の柔軟性

ふくらはぎの筋緊張の軽減

が、必要です。

 

ストレッチは

 

表面の腓腹筋 瞬発力の筋肉

膝が伸びた状態でアキレス腱伸ばし

(いつものアキレス腱伸ばし)

 

奥のヒラメ筋 持久力の筋肉

膝が曲がった状態でアキレス腱伸ばし

(イス等に足を載せてアキレス腱伸ばし)

 

両方、分けてイメージして

 

ストレッチする事が大事です。

 

重心が前方、指先の方に体重がかかり続けると

常に、前に倒れないように下腿三頭筋がドンドン

固くなりやすいです。

 

ストレッチ

マッサージで柔軟性

 

正しい運動連鎖で使う事

 

正しい重心の位置で使う事で

 

ふくらはぎの筋緊張を軽減

アキレス腱の負担を減らすことが

大事です🐼

ランナー膝 腸脛靭帯炎

2022.09.23 | Category: 足の症状

腸脛靭帯炎 ランナー膝

 

腸脛靭帯という名前ですが

皆さんが想像する関節などの靭帯とはまったく別物です。

大腿部の筋膜が分厚くなったもので、大腿筋膜の一部です。

全身タイツが部分的に片寄って分厚くなってるようなイメージです。

 

腸脛靭帯は、大殿筋、中殿筋、大腿筋膜張筋、外側広筋と連結しています。

脛骨粗面(お皿の下)の外側(ガーディー結節)に停止します。

腸脛靱帯炎は膝関節の屈曲と伸展が

正しくない角度で繰り返されることにより

腸脛靭帯と大腿骨の外側上顆(外側のこぶ)が擦れることにより生じます。

 

マラソンなど、ランニングを主体とする運動に発生するため、

「ランナー膝」と呼ばれます。

 

慢性的に腸脛靭帯炎が続くと、脛骨粗面(お皿の下)外側に

牽引ストレスがかかり、骨が出っぱる事もあります。

成長期少年のオスグッドのように出てきます。

 

腸脛靱帯炎の原因は、

ランニング中に大殿筋がうまく使えないため

膝が内側に捻れてしまい(大腿骨が内旋)

内股で小指に体重をかけてしまう事で

大腿前面、外側に負担をかけてしまい

 

「腸脛靭帯が硬くなってしまう」

 

「腸脛靭帯の下にある脂肪組織の炎症、硬さ」

 

予防になる歩き方

歩く時に歩幅をしっかりと取り

カカトから地面に着地するイメージができると

お尻の下(大殿筋)に自然と力が入り

しっかりと内股にならずに歩けます。

 

ランジスクワットなども

大腿四頭筋、腸脛靭帯ではなく

お尻、大殿筋を使えるように意識して練習するのに適しています。

 

ちょこちょこと小股、内股で歩いたり、走ったりすると

腸脛靭帯炎になりやすくなってしまいます。

 

股関節の正しい可動域

 

しっかりとした足の運動連鎖

 

を作る為に、正しい整体が必要となります。

がそく炎

2022.09.09 | Category: 足の症状

がそく炎

膝のお皿から内側斜め下の出っ張るところが触っても痛い

階段登る時に痛い

あぐらで座ると膝内側が痛い

 

鵞足(がそく)は太ももの内側で、

薄筋、縫工筋、半腱様筋3つの踏ん張る内側の筋肉が付着する部位です。

鵞足(がそく)の形がガチョウの足跡に似ていることから

「鵞足」と名前がつきました。

 

鵞足炎は膝が内側に入った形で

膝関節の曲げ伸ばしが繰り返されることにより

表層の鵞足(がそく)に付着する筋肉と

深層の内側側副靭帯が擦れることにより生じます。

 

サッカー、バスケの切り返し動作の捻りを

股関節でなく、膝で捻るイメージで行うとなりやすいです。

 

摩擦を緩和するために鵞足と内側側副靭帯の間には

「滑液包」が存在しており

あまり基本的には、炎症を起こすことはありませんが、

太ももが内旋位や下腿が外旋位、

膝関節外反位となっている人(いわゆるニーイントゥーアウト)

では鵞足の筋肉が引き伸ばされるため、

内側側副靱帯との摩擦力が増加して損傷する可能性が高くなります。

 

解決策は、1番原因になりやすい筋肉、薄筋を緩める。

お尻周りを上手く使えるように運動学習。

主に大殿筋を使えるようにして

ニーイントゥーアウトを改善する事が大切です。

 

がそく炎の足側に骨盤が偏っている事が

原因になりやすいので、

足を組んだら上になる足、

歩き始めの最初の一歩の足、

が要注意です。

 

しっかりとした施術で身体のバランスを整えると改善しやすいです。